« ②カムチャツカの自然と暮らし | トップページ | 原生種など自然保護に熱心なニュージーランド »

2016年1月 7日 (木)

③NZ・マウントクック国立公園で氷河めぐり

今回は11月に南半球、ニュージーランド(NZ)の世界遺産マウントクック国立公園内にある3つの氷河をめぐった際の記録を紹介します。

Simg_0748
成田空港から10時間余りで、NZオークランドの空港に着陸。すぐに国内便に乗り継いで南島のクライストチャーチヘ。そこからバスでさらに4時間近くかけてテカポ湖に到着し、湖畔のホテルに。

Simg_5947
日暮れ前、湖畔の丘に開拓民を記念して建てられた「善き羊飼いの教会」を訪れると、湖畔にかけて色とりどりのルピナスが咲いていて綺麗でした。この湖はきれいな星空が有名で、晴れていれば天の川などたくさんの星が見えるはずでしたが、生憎の曇り空で見えませんでした。

Simg_6237
翌早朝、ホテルを出ていよいよマウントクック国立公園へ。美しい青緑色をしたプカキ氷河湖を回り込んでサザンアルプスの麓に入ると、標高2000~3000mの雪を抱いた山々に囲まれる国立公園に着きました。

Simg_0773
今夜泊まるハミテージホテルの前からマウントクック(標高3754m)の頂が白く輝いて遠望でき、素晴らしさにしばし見とれます。ホテルでは上層階の部屋でしたので、窓からの景色は素晴らしく感動ものでした。

Simg_0874
マウントクックは先住民マオリの言葉で「アオラキ」(雲を突き抜ける山)と呼ばれ、NZで最高峰。エベレストに初めて登頂成功したエドモンド・ヒラリー卿が、登山訓練したことでも知られています。それを記念してこのホテルの前には、ヒラリーの銅像がマウントクックを向いて建てられています。

Simg_0774

9時ごろ、いよいよ氷河に向けてフッカーバレーを歩き出しました。30分ほどでキャンプ場、マウントクックが少し近くなりました。このキャンプ場の先に昔のハミテージホテルがあったのですが洪水で壊れてしまい、現在地に移転したそうです。

Simg_6073
低い樹林帯を進んで行くと、左手にマウントセットン(3159m)の山容が大きく迫ってきます。急な山肌には厚さ100mもある氷の断面が水色に見えます。さらに行くと白い可憐な花が咲いていました。この地を代表する「マウントクック・リリー」です。デイジーやスミレの仲間も咲いています。NZは今、花が一斉に咲き始める春を迎えているのです。

Simg_0838
ゆるい勾配の道をさらに進み、つり橋を渡って行くと小屋があり、ここで休憩。その先の丘に登るとフッカー氷河の先端が望めます。その右側奥に白いマウントクックがそびえていて素晴らしい眺めです。もっと先に行きたいのですが、昼食を摂るためいま来た道をたどってホテルへ。

Simg_0915

昼食後、今度は東方向にあるタスマンバレーを抜けて岩山を登って行きました。やや急ですが、山道はよく整備されていて歩きやすいので楽です。岩山の上に出ると360度を展望でき、眼下に青白くタスマン湖が広がっています。これも氷河湖で、北の方でタスマン氷河が湖に流れ込んでおり、氷河の崖がはっきり見えます。時々氷河の端が湖に崩落するそうです。

Simg_0926_2
やや左奥にはマウントクックが先ほどとは違う山容を見せており、フッカー氷河側とは異なる壮大な山岳風景に圧倒されます。見廻すと、透き通った青い空の下、氷河に削られ荒涼とした独特の大地が展開されています。この素晴らしさを感じられるのはここに立つからで、写真やビデオではうまく表現できません。忙しい日々の合間を縫ってここまで来た甲斐があるというものです。

Simg_6155
ホテルで1泊した翌朝、今度はホテルから左の方にあるケアポイントに向かいました。ケアポイント・トラックの緩やかな道をたどって行くと、眼前にマウントセフトンが大きく迫ってきます。大きな岩が散らばる丘陵に登ると、それは巨大なモレーンであることに気づきます。その眼下にはミューラー氷河湖が横たわり、向かい側や左手の谷の奥に氷河が間近に見ることができます。写真では、大き過ぎて入りきれません。

S49
右手奥の方にはマウントクックをはじめとするサザンアルプスの重畳とした連なりが望めて感動。しばらくケアポイントでの眺めを楽しんだ後、ホテルへ引き返しました。ここではわずか1泊2日でしたが、天候に恵まれたこともあってとても楽しく思い出に残る場所となりました。

Simg_0938
ホテルでの昼食後、ここ国立公園を発って西海岸に近いテ・アナウの街へ向かい、マウントクックに分かれを告げました。ここから先は一般的なルートをたどって観光を楽しんできました。(次回はNZの自然などについて報告します)

« ②カムチャツカの自然と暮らし | トップページ | 原生種など自然保護に熱心なニュージーランド »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1512917/63359440

この記事へのトラックバック一覧です: ③NZ・マウントクック国立公園で氷河めぐり:

« ②カムチャツカの自然と暮らし | トップページ | 原生種など自然保護に熱心なニュージーランド »