« 春から初夏へ、忙しく咲く花たち | トップページ | 雨で遅れた稲刈り、ようやく完了 »

2018年9月 2日 (日)

猛暑ようやく解放、稲刈り準備進む


Simg_7440_3


気が付けば早くも9月。今夏は異常気象続きでした。6月中の梅雨明け、気温35℃を超える猛暑の日々、次々と発生する台風。全国的に農作物への影響はかなり大きいようです。そうした中、我々が手がけている田んぼでは順調に稲穂が頭を垂れ始めています。

Simg_7457
1日に刈り取った稲束を天日干しにする「稲架掛けの棚」作りを行い、2列完成させました。今年は稲の生育も例年より1週間前後は早まっているようで、稲刈りは来週から行う予定。

Simg_7474
それに間に合わせるためにも、竹を麻ヒモで組み上げて稲架掛けの棚を作りました。相変わらず炎天下での作業は厳しいものでしたが、これで準備も進みひと安心。

Simg_7385


8月初めに遊休田を有効活用すると同時に景観を良くする狙いで、コスモスの種蒔きを行いましたが、その後の猛暑にも負けず順調に成長しているので、秋の開花が楽しみです。

Simg_7435

その一方、通称「カンナ街道」沿いに植えたカンナの花が色鮮やかに咲いて、道行く人の眼を楽しませています。

Simg_7418

猛暑からようやく解放された今日、小雨降る里山の谷津に広がる田んぼでは、稲穂が風に揺れて里山に秋が近づいて来ているのを感じます。

 

« 春から初夏へ、忙しく咲く花たち | トップページ | 雨で遅れた稲刈り、ようやく完了 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1512917/74144979

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑ようやく解放、稲刈り準備進む:

« 春から初夏へ、忙しく咲く花たち | トップページ | 雨で遅れた稲刈り、ようやく完了 »